えびログ

大道芸人のオマールえびさんのブログらしいですよ。

2018年03月

モリ芸、たくさんご来場いただきまして、ありがとうございました。

僕のショーを見に来てくれた皆様、ありがとうございました。
ショーの時には何度言っていましたが、ほんとに全部で39組ですからね、しかも北海道から沖縄まで全国から集まってくれてるんです。
いつでも見られるような僕を見るよりも、見るべきたくさんいますから。


そんなオマールえび友の会の皆様です笑
ありがとうございました。360度写真撮ったのは二日目の二回目ですが、それ以外の回をご覧になっていただいた方も皆さま友の会ですからね笑


写真を張り付けようかと思ったんですが、よく考えたらほとんど撮っていませんでした笑

誰だかわかりますか? 左の青いシャツの人です。


タイマンチャンピオンの吉川健斗くん。半端なかったわー、それにしても顔ちっちゃいな。

もっといろいろと改善していける点はあると思うのですが、とりあえず天気に恵まれてたくさんのお客様で、とっても楽しかったです。

ボランティアスタッブの皆さん、出演者、実行委員、スポンサーの皆さん、いろんな方の力があってのことですね。本当にありがとうございました。

来年はもっといいイベントにするぞ! がんばります。

モリ芸! 本日ご来場の皆様、ありがとうございました!


最後の写真撮影が終わったあとに、もう一つ出番がありまして、メイカーズピアまでダッシュで行ってきました。そして今帰宅。つっかれたあ。

モリ芸もちろん明日もございます。
ぜひぜひお越しください。

おまちしていまーーす!


モリ芸クラウドファンディング、目標金額をクリアしました。
中盤になかなか伸びなくてちょっとヒヤヒヤしましたが・・・

クラウドファンディングで集った額の半分が、タイマン大道芸の賞金になります。
そんなわけですので、まだの方、ぜひご協力ください。


とういわけで、今日は農業センター。
梅は残念ながら散り始め。
来週の21日にも入ってるんだけどなー。天気も微妙だし、散っちゃわないか心配です。
でもね、散り始めとはいいつつも、たくさんのお客さんでした。まだもうちょっと見頃です。ピークを知らなかったら大丈夫でしょう笑


絵本も二回ほど読んでみました。
今日の二回目なんかは、いいの?大丈夫?後ろの方とか見えてる??って心配になるくらいに集まっていただきまして、やってるこっちがびっくりしました。
それもすっごい真剣に皆さん聞いてくれてますからね、二度びっくりです。

絵本読み始めたときのプランとしては、周囲にちょこっと集まってもらって、すごい少人数でって感じになるだろうなと思ってたんですが、ここのところ何度かやってみた感じでは、うまいことやればすごい集まるんだなって。
いやー、おもしろい。



これは最後のショーの時ですね。
たくさん、ありがとうございました。

忙しくってなかなか更新できずにすいません。
モリ芸の準備でわたわたしております。
そしてクラウドファンディングも終盤!!
ぜひご協力お願いします!!



午後からフルーツパークの後に今日はモリ芸実行委員会なんですが、開始までちょっと時間がありますので、ネカフェなんかにきてみました笑



上が先週の大高緑地、下が昨日の岡崎南公園でした。

大高緑地、気が付いたら、Googleストリートビューの機材を担いだMさんが・・・
大道芸やってる後ろを通ったらしいので、写ってるかなー?? 超楽しみ!

岡崎南公園も結構多かった! なんかいっぱい記念写真を撮ってもらった気がします。
たくさんちびっこを担いたぞ笑


それにしてもなんて天気なのでしょうか。
あんなに寒かったじゃん。なんでこんなにあったかくなってるの??

あったかいのはいいはずなんですが、桜の開花の予想が狂うのが困りものです。

農業センターの梅がすごい勢いで咲き始めました。
この前は全然咲いてなかったというのに、金曜日に行ったら7分咲きですって。
この調子だと、週明け早々に満開になりそう・・・うそぉ、終盤まで持ってくれるかな???


それにしても、今日のフルーツパークで咲いてる梅を見てて、7年前の震災のころのこと、いろいろと思い出した。
あの年にフルーツパークで大道芸をやってたのはシダレザクラの時期でしたが、桜を楽しみつつも、楽しんでていいのかなっていうような微妙な雰囲気が常に流れていました。
そして、いつこの状況が解決されるんだろうという見通しの立たない不安感がいっぱいあったなぁ。

結局解決されてるわけではないんだけど、それでもこうやってまた花を見る時期を迎えることができるってことは、本当に幸せなことなんだよね。
また春が来た。春が来てよかった。
だから、あまり急いであったかくならなくていいからさ、ゆっくり暖かくなってください。

このページのトップヘ